青野航(剣道)の年齢や出身高校や経歴は?彼女は誰?ぶっこみジャパニーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ぶっこみジャパニーズ(12/28TBS)で、青野航さんがアメリカの蹴りもOKなデタラメ剣道を視察、指導されるようです。かなりお若い方でイケメンな剣士さんなので、気になりませんか?

 

  • 青野航(剣道)の年齢や経歴は
  • 彼女は誰?
  • デタラメ剣道って?

など調べてみました!

Sponsored Link

青野航(剣道)の年齢や経歴は

  • 名前:青野航(あおの わたる)
  • 出身地:東京都 北区出身、在住
  • 生年月日:1993年?24歳
  • 出身校:国学院大学久我山高等学校→ Lakeland University
  • 剣道段位:4段

国学院久我山高校と言えば、スポーツの強豪校ですよね。スポーツ推薦で入った人ばかりを集めた男子クラスで学年に1クラスあるそうで、部活は高いレベルだそうです。

青野さんも、剣道部に所属されて活躍していたようですね!

進学先のレイクランド大学は、ボストンの南はウィスコンシン州のプリマスにあるようです。ピルグリム・ファーザーズ上陸のあの地ですね。

現在は大学4年生?あたりだと思います。

3歳からはじめ、小学生の頃から高校卒業まで剣道は東京錬武会に所属していて、毎年のように入賞されているようですね!

渡米後はシカゴの朝陽館で稽古をされているようです。

へー!シカゴに剣道の道場があるんだな~と思って調べていたら、こんな書き込みを見つけました。

シカゴは、Chicago Budhisst Temple のシカゴ道場と、朝陽館の二大(?)道場に加
えて、たくさん(?)の立派な道場があります。

彼女は誰?

フェイスブックのトップページに女性と二人で映ってる写真の載せていますが、「彼女なの?」という友人のコメントに「違うよ」とのコメ返しをしていますが、変ですよね~?

照れくさくて、そう返事したのでしょうかね?うーん、そんな気もしますね!

二人で仲良く、色違いのカップを手にして映っているんですが、友達でその画像アップとか有り得ませんよねw
やっぱり彼女なんじゃないかなと思います。


出典:フェイスブック

剣道する男性って、凛として魅力的ですよね!個人的に「るろうに剣心」の宗次郎役の神木君の剣士が好き過ぎますが、青野さんを調べていたら、こんな本が飛び込んで来たので、面白そうなので載せちゃいます(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポーズ集「刀男子」 [ 安藤青太 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/12/28時点)

 

面白そうな本ですね~!漫画家さんの参考文献なのか、コスプレイヤーの研究書なのか、用途は分かりませんが、立ち読みしてみたいです。

デタラメ剣道って?

これはもう、チャンバラ剣道だったり、蹴りも入ったり、礼が少林寺みたいだったり、忍者のようにチェーン使いとか、何でもありです。

ある意味、格闘技というような感じでしたが、海外に渡るとそれはそれでスポーツとしていいかなと思いますが、礼儀作法はちゃんとしていて欲しいなと、番組を見て思いました。

人の試合見ている時に、ガムをクチャクチャはないでしょー・・・と思いますが、野球選手と同じようにスポーツのノリなのかなと思いました。

もちろん、そうではないアメリカ人サムライもたくさんいると思います。

微妙に道着がドラゴンボールの影響を受けていそうなところが(悟空みたいだった!)微笑ましかったです^^

 

Sponsored Link

まとめ

■青野航(剣道)の年齢や経歴は
→小さい頃から剣道をはじめ、現在はアメリカの大学4年生あたり。

■彼女は誰?
→フェイスブックのトップページの女性だと思われます。

■デタラメ剣道って?
→叩き合いだけの、チャンバラ&少林寺&忍者的動きがミックスされていますが、礼儀作法が正しくなれば良いのかと思います。

関連記事です↓

いかがでしたでしょうか?放送が楽しみですね!

追記:青野さん、かっこいいですね!静かなたたずまいが若きサムライという感じで素敵でした♪

愛する剣道の楽しさをもっと知って欲しいという純粋な思いで番組参加されていたのが伝わってきたのに、やはり番組構成が「本物はこうなんだよ、ドヤ!」みたいな感じがして、アメリカの人も、青野さんも気の毒に見えてしまいました。

もっと青野さんの指導方法や、せっかく「残心」という日本人にも聞き慣れない用語についても触れていたのに、深掘りしないで単なるエンターテイメントで終わっているのが残念でした。

Sponsored Link
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*