墾丁(台湾)ビーチへバスや快線での行き方は?観光や天気も☆サマーリゾート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

ここ数年の旅行先で台湾人気はすごいですね。

その台湾でも台北や高雄のような都市だけではなく、ちょっと足を伸ばす小トリップというのも取り上げられています。

例えば、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台となった九份が大人気ですが、近年ビーチにも人気が集まっている様子です。

だったら沖縄でいいじゃないかと思う人もいるでしょうが、本場の台湾料理を堪能出来てしまうのは、ちょっと楽しくないですか?しかも日本よりずっと物価が安いですし。

台湾最南端のリゾート地・墾丁(ケンティン)をはじめ、南部の海がとても綺麗だそうです。

そんな噂の墾丁(ケンティン)について、じっくりと調べてみました。

 

Sponsored Link

 

墾丁(台湾)とは?

 

台湾最南端で最大級のビーチリゾートです。

台湾自体が島なのに、ビーチリゾートは少ないらしく、国内外からも多くの観光客が来るんだとか。

日本からの近場のビーチリゾートって、沖縄、グアムが定番ですが、ちょっと足の伸ばして、セブとかハワイというイメージですが、台湾ビーチって選択はあまり聞いたことありませんし、新しくて何か新鮮な響きですよね。

日本と台湾南部の時差はたったの1時間!そして台湾料理は美味しい!物価が安い!という、旅の条件をしっかり満たしているのが魅力的です。

 

墾丁(台湾)ビーチへバスや快線での行き方は?

墾丁って最寄り駅がないみたいです。なので、最終的にはバスか車で到達するしかありません。

 

台北から

・台北から飛行機でのアクセス

台北の松山空港から、台湾最南端の恆春空港へ1時間ほどのフライトで着くそうですが、唯一のユニー航空(エバー航空の子会社)がどうやらWikipediaによると

2017年8月現在、ユニー航空により台北松山便が運航されるようになったが、強風が吹きやすく欠航が多いため、同社ウェブサイトからは予約できず、電話予約のみ受け付けている。

とのことなのです。

台湾南部のこの恒春空港、墾丁の発展のために作られたと書いてありますが、どうなるのでしょう???

ユニー航空に問い合わせないといけないので、中国語スキルが必要なのと、強風吹きやすく遅延や欠便のリスクがあるなら、新幹線がベストかなと思いました。

・台北から新幹線とバスで墾丁へのアクセス

台北駅→台湾高鐵左営駅まで台湾高鐵という新幹線約2時間です。

台湾高鐵左営駅に着いたら、駅の2階で高速バスのチケットを買って「9189墾丁快線」というバスに乗り込み、更に約2時間。片道約2400円也。

ビーチのあるバス停は「南湾
街の中心は「墾丁国小

で降りると便利だそうです。

電車とバスを乗り継いて4時間…うーん、近くないですね…。

では、台湾第二の都市・南部にある高雄から行く場合はどうでしょうか?

高雄から

・高雄の街中から
・高雄空港から

の2ルートあります。

そもそも日本から高雄って行けるの?と思ったら、日本各地からありました。

東京は、羽田ではなく、成田です。

我が家は都内なので、成田と聞くとちょっとドン引きしてしまいます。
羽田-台北(松山)はあるのにな~。

ビーチに直行してそのまま帰国ってことはないから、台北か高雄の旅行と絡めて行くのかなという印象です。

 

地下鉄MRTでのアクセス

高雄国際空港(R4)

高雄駅(R11高雄車站)

左営(高鐵)駅(R16)で下車して高速バスで墾丁へ向かいます。

街中で滞在するなら高雄駅(R11高雄車站)利用になりますから、左営駅まではすぐですね。

南のビーチに向かうのに、背を向けてなぜ左営(高鐵)駅へ北上するの?と思いましたが、空港からそのまま南の墾丁へのバスは一般道走るそうです。(超時間のかかるルート)

高速道路利用の長距離高速バスで、南の墾丁への往復は左営(高鐵)駅がスタンダードみたいです

 

MRTなら左営(高鐵)駅(R16)の地下に着くので、2階の墾丁快線という券売機で、往復切符買って(復路は明日でも大丈夫らしい)、地上のバスのりばからバスに乗って2時間ほどで到着するそうです。約100キロの道のり!

都内から100キロのビーチって、ちょうど熱海とか御宿ですね。噂によると、バスに乗ったら到着までトイレ休憩ないらしい!それは困りますね。

これでだいぶ、ハードルが上がります…。

だったらレンタカーでいいんじゃないの?とも思います。ちょっと調べたところ、オリックスさんは日本人スタッフがいるので安心みたいです。

でも、グロリアマナーなどの高級ホテルなら有料ですが、左営駅や高雄駅まで送迎してくれるそうなのです。女性・子供・お年寄りが一緒なら、それが一番楽チンかもしれません。

 

墾丁(台湾)の観光や天気

墾丁の観光エリアは

・墾丁   リジートホテルが多く立ち並ぶエリア
・墾丁大街 一番賑わうメインストリート
・恆春   海角七号のロケ地。古城の残る街
・南湾   有名なビーチ

に分かれています。それぞれ歩くには大変なので、レンタカーとかタクシー、高級ホテルならシャトルバスを利用すると良いみたい。

中華圏最古の音楽フェス「SPRING SCREAM」が毎年4月第1週目の土日月に開催されるそうなので、静かに過ごしたいなら、この時期を外すと良いですね。

 

ホテルの検索をしていたら、たまたま東の海岸に高級デザイナーズホテルがあるのを見つけました。

たぶんかなりの穴場だと思いますが、とてもお洒落で、トリップアドバイザーの口コミも良くて面白そうです。

HOTEL DE PLUS


これは、寝ながら星空が見えそう!


出典:HOTEL DE PLUS

グロリア マナーは左営駅や墾丁大街からホテルのシャトルバスや車のサーヴィス(一部有料)があるようなので、公共機関よりこちらを使うほうが便利かもしれませんね。

グロリアマナー
こちらも超お洒落なホテルです。

 

 

他に有名なホテルは

 

シーザーパークホテル

ハワード ビーチ リゾート
ホテル内のスタバからは水平線が眺められるらしい!

 

などなど、豪華なホテルの評判も良いです。アジアのスーパーリゾートに昔ハマっていたことがありましたが、こっちのほうが全然良さそうです。

南部の年間平均気温は25度前後なので、いつ行っても過ごしやすそうですが、台風シーズンは注意が必要ですね。

亜熱帯気候で年鑑の温度差が少なく、天気も良いので過ごしやすい気候です。12月~3月の真冬以外は、夏服でOKだそうです。

Sponsored Link

 

おわりに

墾丁は高雄(台湾第二の南部の都市)からバスで2時間ほどのビーチリゾート。

海もきれいで、台南料理も美味しく、物価も安い。

6~8月の台風シーズン以外は、年間を通して天気が良く、過ごしやすい。

評判の良い高級リゾートホテルも点在していてちょっと穴場のような印象を受けました。

何と言っても、時差のない海外旅行は魅力的です。

ハワイやグアムに飽きてきたら、こういう旅行も面白いかもしれませんね!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*