加藤ゆうみ(遊海)の年齢と経歴や出身校は?親の仕事でマレーシア育ち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

10月7日の放送の「天才!志村どうぶつ園」の新企画「絶滅ゼロ部」の部員1号として、彗星のようにあらわれた加藤ゆうみちゃんの野生児っぷりが話題になっていますね。

日本人離れした外見ですが、ハーフなのでしょうか?ご両親の仕事でマレーシアで育ったそうですが、転勤族なのか、親がマレーシア人なのでしょうか?

年齢や経歴、出身高校なども調べてみました。

それにしても、どうしたらあんなに美人でワイルドになったのか!その謎に迫ります。

 

 

Sponsored Link

 

加藤ゆうみの年齢と経歴は?

出典:セントラルジャパン

加藤遊海 (かとうゆうみ)

名古屋市出身の1996年7月16日生21歳。身長172センチ

趣味は車の運転・スキューバダイビング・料理・釣り・パン作り

特技は英語・マレー語・中国語・ダンス

5歳から15歳まで、日本とマレーシアを行き来していた。

15歳から親元を離れてティオマン島自給自足生活し、16歳単身帰国して茶道の家元で二年修行する。

19歳でモデルデビューし、旅チャンネル「マレーシア魅惑の旅」レポーターやIsuzu Malaysiaのブランド大使にもなりました。

マレーシアに住んでいた時から、マレーシアのテレビ局と日本テレビの共同制作ドラマJ.K.K(Jenaka Kampung Kalut) に日本人役で出演するなど、芸能活動を既にしていました。

加藤ゆうみの出身校はどこ?


愛知県名古屋市で生まれ育ちましたが、中学生の頃にイジメで1年ほど引きこもりになり、15歳の時に子供の頃によく行ってたティオマン島へ行かされ、ダイビングショップでアルバイトなどして生活していたようです。

ティオマン島では、狩りをしたり、魚を釣ってサバイバル生活をしていたそうです。

足を怪我してそこに虫が沸いたとか、壮絶な経験をされていますよね…書いているだけで寒気がします…。

その足を海につけ、魚に食べてもらったとか…肝が太いというか、本当のサバイバルを経験すると、こうなるのでしょうかね?

帰国後16歳で中学卒業資格を取得し、英語、中国語、マレー語、日本語と4ヶ国語を話せるそうですが、すごいですよね!中学へ行かなくとも、これだけの特技があるのですから。

高校も不明ですが、大学は上記ツイートの名古屋学芸大学第12回卒業制作発表に名前が載っていましたので、もしかすると、この大学を卒業されたかもしれません。年齢的に考えると、短期大学のほうかな?

 

加藤ゆうみは親の仕事でマレーシア育ち?

ティオマン島は5歳の頃からよく家族で行っていたそうなので、村人たちはほとんど知り合いだったそうです。どうやらご両親は日本人で、マレーシアで和風の喫茶店を経営されていえるそうですね。

ゆうみさんも、月イチペースでご両親に会いに行っているらしいので、あちらでまだ仕事をされているのかと思われます。

ゆうみさんはハーフっぽいですが、日本人のようですね。

それにしても15歳の不登校の娘を、良く知っているとはいえ、一人でティオマン島に送り込むとは、すごいご両親ですよね!

とてもユニークな教育方針だと思います。でもそれは娘の潜在能力を見抜いていたんじゃないないかなとも思えます。
だからこそ引きこもりの娘が自力で回復することを信じて、大自然の中へと放り込んだのかな~?なんて想像してみました。

 

ティオマン島ってどこかなと思ったら、シンガポールに近いんですね


ダイビング客が世界中から来るそうなので、そこで英語も覚えたのでしょうか?ついでに中国語も身についたのか、勉強したのか、すごいですよね!

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

加藤ゆうみさんは、名古屋市出身の21歳で、モデル・女優・タレントさんです。

出身校はたぶん、名古屋学芸大学短期大学かと思います。

マレーシア育ちということですが、かなり原始的でワイルドな生活をされていたようですね。一回で覚えられてしまうというインパクトの強い話しです。

あの美しさとのギャップ萌えもありますよね!

親の仕事はマレーシアで喫茶店をされているとの噂がありますが、ゆうみさんはマレーシアと日本を行き来しているそうです。

イモトアヤコさん、ナスD、U字工事に続く、チャレンジャーキャラになりそうな予感がしますね!

イッテQアナザースカイの出演がとても似合いそうな女優さんです。是非出演していただきたいです!

天才!志村どうぶつ園での活躍も楽しみですが、野生のゴリラに近づくなど、かなり危険なロケをされているようなので、気をつけてお仕事していただきたいなと願っております。

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*