スギ花粉2018はいつからいつまで?飛散量やピーク時期は?各地域の情報も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

スギ花粉の飛散時期って、春のように思われがちですが、秋から飛び始めているってご存知ですか?

しかも関東では、ピーク時期も飛散時期も長いということが分かりました。

  • スギ花粉2018はいつからいつまで?
  • スギ花粉2018の飛散量やピーク時期は?
  • スギ花粉2018の各地域の情報や花粉症対策も!

気になるこれらの情報と、私もひどい花粉症なので、あらためて2018年の情報についてじっくりと調べて確認してみました。

Sponsored Link

 

スギ花粉2018はいつからいつまで?

まず、北海道と沖縄にはスギがないので、スギ花粉症はないんですよね。

しかし北海道には白樺の花粉症というものがあるそうです。

2018年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に大きく早まることはなく、例年並みの2月上旬となる見込みだそうです。

ですが、実のところ、初冬の段階からスギ花粉は少量ながら全国で飛び始めているそうで、1月中下旬あたりから花粉量が増え始め、2月にはどの地域でも急激に増加します。

そして驚くべき情報がこちら

秋のスギ花粉にも注意が必要です。実はスギの花粉は秋から冬にかけて作られていて、春に暖かくなってから飛ぶんですね。その秋の時期に作られる花粉が少し洩れだして、秋にもスギ花粉が飛ぶことがあります。花粉に凄く敏感な人は、ほんのちょっと洩れ出るだけのスギ花粉にも反応してしまいます。
出典:エリエール

花粉が作られている秋にはもう、飛び出してるということでしょうか・・・。

私の場合は、スギ花粉は重度なのですが、秋の花粉は検査で見当たらなかったのに、秋に花粉症の症状が出るので、おかしいなぁと思っていたのですが、もしかすると秋のスギに反応しているのかもしれません!

とのことから、始まりはということになりますね。(ちょっとした絶望感…)

そしていつ終わるのかというと、4月下旬には全国的に落ち着くようですが、関東だけ違っていました。

関東圏だけは長い

・飛散開始時期:2月上旬~下旬(平年並み)
・ピーク:2月上旬~4月いっぱい
・収束する時期:6月上旬~中旬頃

とのことで、関東はピーク時期も長く、収束時期も遅い

これじゃあ、真夏以外はスギ花粉に苦しめられているってことじゃないですか!

春以外でも、スギ花粉の症状が出てるってことは、不思議じゃないということが分かります。

それにしてもどうして、関東だけ6月なのかというと、気流の関係で溜まりやすいとか!?都市伝説っぽいですが、製薬会社のサイトのグラフを読んでみると、やはり関東だけはスギは年間通して常に飛んでいて、飛んでいない月は8月のみになっていました。

これはもう、スギ花粉とどう付き合っていくのか、共生していくことを考えねばなりませんね。

スギ花粉2018の飛散量やピーク時期は?

花粉の飛散量は、前年の夏にどれだけ扱ったかの影響を受けるようなのですが、日本気象協会とウェザーニュースから来春2018年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測が発表されました。

ですがこの2つの気象予報機関の花粉飛散予測がが真逆な結果になったのです。

第一報

飛散量の予測は

  • 日本気象協会は、例年を大きく上回る量。
  • ウェザーニュースは、平年より大きく下回る量。

との発表がありました。

その根拠というものが、前年の夏の気象をどう捉えていたかの分析になるようで

日本気象協会では

2017年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多く、降水量は、北海道、東北、北陸で多いという結果でした。一般的に気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散量が多くなるといわれています。

との見解を示しており、高温で、スギが多くあるような本州では降水量が少なかったので、飛散量は多いとの結論

ウェザーニュースでは

2017年8月は、東日本や東北太平洋側を中心に曇りや雨が続き、天候不順が続いたところもありました。このため、多くのエリアでは記録的な日照不足となるなど、雄花の生育に適した天候ではなかったと言えます。

とのことで、東日本ほど日照不足だったので、飛散量は少ないとの結論に。

たしかに関東では、8月の後半はずっと天気が悪かったような気がします。

第二報

日本気象協会

  • 東北、関東甲信、四国地方では前シーズンの1.5倍以上
  • 各地のスギ花粉の飛散開始時期は例年並み
  • 飛散開始(※)前からわずかに飛び始めるため、早めの対策が必要

やはり、「例年より多い」との予報です。

ウェザーニュース

〜2018年は花粉が少ない“裏年”傾向〜

花粉の飛散が多くなる“表年”の翌年は、飛散量が減少する“裏年”となる傾向があります。2017年は多くのエリアで“表年”だったため、2018年は“裏年”となり、花粉が減少する予想です。

表裏という、独自の予測をされています。

さて、これはどちらが正しいのでしょうか?

花粉症患者としては、少ない方の予報を信じたいところですが、とりあえずは早めの対策はしておこうと思います。

スギ花粉2018の各地域の情報も!

ピーク予報

  • 北海道 4月下旬~6月下旬
  • 東北 1月下旬~4月下旬
  • 関東 2月下旬~4月下旬
  • 東海 2月中旬~4月中旬
  • 北陸 2月中旬~4月中旬
  • 関西 2月上旬~4月中旬
  • 中国 2月上旬~3月下旬
  • 四国 2月上旬~3月下旬
  • 九州 2月上旬~3月下旬

花粉症対策

私の対策ですが、薬が合わないようで、やたらのどが渇いて辛いことになるので飲むのを止めました。

レーザー治療も行いましたが、ワンシーズンしかもたないのと、恐怖感があって面倒なのですが、効果はけっこうありました。

ハウスダストやダニのアレルギーもあるので、部屋ごとに空気清浄機も置いて、常に作動させています。

空気清浄機はやっぱりシャープのプラズマクラスターですね!夏にプラズマボタンを押すと、マイナスイオンのせいか、部屋がヒンヤリして空気が綺麗になったかの体感があります。

 

極力食べ物に気をつけて、ヨーグルトなど食べていますが、お茶などは効果は感じられませんでした。

意外と効果があったのはこれ↓鼻栓マスク!

 

 

友達にはかなり笑われましたが、言わないと気づかれませんでした。気休めになるかな~と思って付け始めたんですけど、けっこう良かったので、毎年欠かせません!絶対におすすめ!

春は都内でも黄砂がかなり飛んできますから、何だかクリーンな空気を吸っているような気持ちになれます♪

 

 

鼻栓マスクにして、ゴーグル型眼鏡をすれば、けっこうピーク時でも外出出来てしまいます!

春の花粉飛散ピーク時はコンタクトだと辛いので、眼鏡にして、眼鏡の上にオーバーグラスをかけると↑楽チンですよ~。

Sponsored Link

まとめ

■スギ花粉2018はいつからいつまで?
→実は秋から飛び始めていており、最終的には関東で6月頃まで(7月というデータも)

■スギ花粉2018の飛散量やピーク時期は?
→全国的に2月から4月との予報で、今年は日本気象協会は「多い」、ウェザーニュースは「少ない」との予測に別れました。

■スギ花粉2018の各地域の情報も!
→ピークが一番早いのは1月下旬の東北、遅いのは4月下旬の東北、関東。北海道は4月下旬~6月下旬が白樺のピーク

花粉関連記事です

ヒノキ花粉2018はいつからいつまで?症状は咳や肌荒れ!食物アレルギーの関係は?

ヒノキ花粉2018いつからいつまで?東京や大阪などピーク時期や飛散量は?

花粉症対策は、免疫力を上げることと、物理的に遮断する方法しかありませんが、グッズも色々あるので何とかピーク時期の乗り切って行きましょう!

Sponsored Link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*