レイチェルクーのレンズ豆のサラダを作ってみた☆パリの小さなキッチン5話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

レイチェルクーのパリの小さなキッチン、終わってしまって寂しいですね。振り返ってみて第5話で放送された、「ル・ピュイ産レンズ豆のサラダ」を作ってみました。NHK公式サイトにも載ってないレシピです。

これなら簡単そうだなと思いませんでしたか?クリスマスディナーにも良さそうですよ!

レイチェルはけっこうパンとかタルトとか生地から作ることが多く、一見簡単そうに見えますが、気候風土や温度湿度、水質や粉の状態も違うフランスでの作り方なので、挑戦するには躊躇しちゃいますよね。

でも、サラダならトライしやすいし、見た目も華やか!

近所で手に入れた食材で、真似して作ってみました!

Sponsored Link

ル・ピュイ産レンズ豆のサラダ

用意するもの

  • レンズ豆(ル・ピュイ産)
  • ビーツスライス(焼きかぼちゃのスライスでも代用可)
  • ヤギのフレッシュチーズ(フェタやモッツアレッラで代用可)
  • ディル(バジルの葉やセロリで代用可)でドレッシングを作る
  • グリーンベビーリーフ

ル・ピュイ産って何?

オーベルニュ地方の産地でAOP認定(欧州レベルでの原産地呼称保護)を受けている、いわば「ブランド豆」です。フランスやイタリアでは、このAOPやIGPと言った「ブランド食材」というものがあって、その代表格はワインやチーズや生ハムなどがあります。

その他にも、このレンズ豆だったり、クルミバター鶏肉など、色んなものがあります。これらは大事な輸出品としても活躍していますし、世界中のグルメのお気に入り!

そしてこのル・ピュイ産というのは、最高級で、ミネラル豊富な土壌で作られているので、お味が別格とか。

ル・ピュイ穀物・緑レンズ豆生産者共同 緑レンズ豆【輸入食品】

価格:1,080円
(2017/11/28 11:30時点)

↑見つけました!パッケージに赤と黄色の丸いラベルシールが、AOP認定のブランドになります。

私は近くの【TOMIZ(富澤商店)】 で買ってきた豆を使ったのですが↓、チャンスがあればル・ピュイ産を食べてみたいな~。

作り方スタート!

ディルのヴィネグレットソースを作る

  • デイルの葉
  • ひまわりオイル大さじ2
  • 白ワインビネガー大さじ2
  • 砂糖と塩ひとつまみ

これらをフードプロセッサーでスムージー状になるくらいに、撹拌する。

ディルが苦手だったり、手に入らなかったらバジルの葉やパセリでも代用OK

  • レンズ豆をサッと洗って、豆の2倍以上の水で水から煮立たせる。
  • タイム、ローリエも入れて、塩小さじ1は茹で上がる前に入れる(最初から塩入れると煮崩れる)12分位茹でたら固さをみて、お好みの固さに茹でる(レイチェルは固めをすすめていて15分。冷水で洗う)

↑ルク鍋で最弱火で水から25分だと、ちょっと茹ですぎてしまいました…。でもお年寄りや小さな子どもはこれ位でも良いかもしれません。

  • 豆が冷めたら、ローリエとタイムも一緒に皿に敷き詰めて盛り付ける。
  • あらかじめ、オープンで焼いておいたビーツをスライスして盛り付ける。

私はこれを乗せるだけのズボラ作戦です↓

 

  • チーズを盛り付け、ヴィネグレットソースも散らす。

  • 出来上がり!

私の完成品!↓お皿がパスタ皿程度の大きさですが、パーティーなら大皿にドーン!が良さそう♪ベビーリーフを敷き詰めた上に、このレンズ豆サラダを敷いてもいいかも。

私は缶詰のビーツのスライスと、市販のジェノベーゼソース(あまりおすすめ出来ない)と、小さなミニトマトサイズのモッツアレッラ(ボッコンチーノ)をトッピングしただけ!

ネットショップでも色々と取扱があるようですね!↓

スライスビーツ 425g (固形量236g) 野菜 赤かぶ スライス ビーツ 缶詰 缶詰め アメリカ合衆国 サラダ スープ MAGIC TIME かぶ カブ

価格:240円
(2017/11/28 11:29時点)

 

ファインド・ニューズ ジェノベーゼソース 95g

価格:884円
(2017/11/28 11:31時点)

【当店一押し】【冷蔵】 トレ ステッレ社 水牛モッツアレラチーズ ボッコンチーノ ブッファラ DOP 250g(50g×5個) Mozzarella di Bufala Campana D.O.P. Bocconcini Tre Stelle【16P03Nove15】

価格:1,500円
(2017/11/28 11:33時点)
感想(6件)

ドレッシングは、オリーブオイルと、ホワイトバルサミコクリーム↓を回しかけただけで、試作品にもかかわらず、すごく美味しくできました!

参考記事↓↓

このサラダは、豆とビーツのホクホク感と、モッツアレッラのしっとり感ジェノベーゼの爽やかさが本当によくマッチしていて、組み合わせの妙と言いますか、たったこれだけでもビストロのような味になりました!

ただひとつ、やはりヴィネグレットソースを作ったほうが、ピリッと爽やかな風味になるので、おすすめです。

ジェノベーゼは、松の実やチーズが入ってるので、妙なコクが出てしまいました・・・。

Sponsored Link

クリスマスや年末年始のパーティーシーズンに、肉の付け合せにも使われるレンズ豆を、サラダにして出せは、相性も抜群だと思いますよ!しかも、豆は美容と健康にも良し!

お家料理が流行っている昨今、簡単・華やか・美味しいレシピは本当にありがたいですよね!

レイチェルクーの関連記事↓↓

レイチェルのSNS見ていると、また料理本が発売されそうな予感がします。

今はスウェーデンに居ることが多いようなので、「スウェーデンの小さなキッチン」になるかな~?SNSでもちょっとそんな情報が小出しに書いてありましたよ~!とても楽しみですね!

Sponsored Link

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*