三渓園の桜2018!開花情報や見頃はいつ?ライトアップはいつまで?駐車場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

三渓園と言えば、横浜で最も有名な名勝地です。桜の他にも、梅・藤・紫陽花・蓮・ホタル・紅葉など、四季折々の景色が楽しめる場所です。

お花見帰りは、元町や中華街を散策して、横浜の雰囲気を堪能できますね♪

自然の他にも、重要文化財、指定有形文化財が、広大な敷地に点在しており、インスタ映えするスポットがたくさん!最寄り駅から少し離れているので、駐車場についても調べてみました!

  • 三渓園の桜2018!開花情報や見頃はいつ?
  • 三渓園の桜2018!ライトアップはいつからいつまで?
  • 三渓園の桜2018!駐車場やアクセス方法は?
Sponsored Link

三渓園の桜2018!開花情報や見頃はいつ?

三渓園について

三溪園は生糸貿易により財を成した実業家の原三溪によって、1906年(明治39)5月1日に公開されました。

東京ドーム4個分に相当する、広大な園内には京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物配置されています。(現在、重要文化財10棟・横浜市指定有形文化財3棟) 特に三重塔は三溪園を象徴とする建物です。(画像↑)

所在地

〒231-0824 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1 Tel 045-621-0634

開園時間

9時~17時(入園は閉園の30分前まで)
※桜の開花時期 9:00~21:00

*イベント時は開園時間を変更する場合があります。詳しくは「催物のご案内」「お知らせ」などをご覧ください。また、天災、不慮の事故などの不測の事由により開園時間を短縮する場合があります。園内茶店、ミュージアムショップ、抹茶処の営業時間は、店舗により異なります。お問いあわせください。
 

入園料金

  • 大人(高校生以上):700円 (600円)
  • こども(小学生・中学生):200円 (100円)
  • 横浜市内在住65歳以上:200円(濱ともカードをご提示ください)

2018年の開花情報や見頃はいつ?

今年は開花がかなり早く、3月17日に開花宣言が出され、満開日は25日頃との予想が出ています。

 

三渓園の桜2018!ライトアップはいつからいつまで?

桜のシーズンには「観桜の夕べ」が開催されます。2018年の観桜の夕べの情報が出ました。

■期間   2018年3月31日(土)~4月8日(日)

■開園時間 ~21:00(入園は20:30まで)
         ライトアップは日没前の18時30分頃から。

■料金   通常の入園料

■観覧範囲 外苑の大池周辺
         夜間(17:00以降)は内苑、および外苑の奥と三重塔への山道は立入禁止とさ
         せていただきます。

2017年は3月25日(土)~4月2日(日) 17:00~20:30でした。2018年の観桜の夕べの情報がまだ発表されていませんので、分かり次第追記いたしますね。

ライトアップで、水面に映る桜も本当に美しいですね♪池と橋が何ともロマンチックなので、夜桜デートにとても良さそう♪

三渓園の桜2018!駐車場やアクセス方法は?

三渓園の駐車場

スペースは80台ですが、バスと兼用で、乗用車は予約不可(バスは予約可)なので、すぐに満車になってしまうそうです。

乗用車の料金は最初の2時間500円、以降30分毎100円当日最大1000円

おすすめはこちら↓

本牧市民公園駐車場

三渓園の南門から近い、本牧市民公園駐車場の方が広くて24時間オープンなので、夜桜にもおすすめです。

  • 住所: 〒231-0824神奈川県横浜市中区本牧三之谷59-2
  • 料金 : 1時間200円、以降30分毎100円
  • 営業時間: 24時間営業
  • 定休日:無休
  • 収容台数: 316台身障者専用:4台
  • お知らせ : トイレあり、身障者トイレあり、身障者割引あり、障害者手帳提示で無料

こちらのほうが使いやすそうですね♪

電車やバス

  • 根岸駅から 1番のりば 《市バス58・99・101系統》約10分 本牧下車・徒歩10分
  • 横浜駅から 東口2番のりば《市バス8・148系統》約35分 三溪園入口下車・徒歩5分
    《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)約45分 三溪園下車
  • 桜木町駅から 2番のりば 《市バス8・148系統》約25分 三溪園入口下車・徒歩5分
    《ぶらり三溪園BUS》(土・日曜日・祝日限定運行)約35分 三溪園下車
  • 元町・中華街駅から 4番出口そば山下町バス停《市バス8・148系統》約15分 三溪園入口下車・徒歩5分 

    ※ 横浜発 横浜市営バス8系統および148系統のバスは、桜木町、山下町を経由して走ります。
    ※ 横浜発 横浜市営バス148系統のバスは、急行のため同じルートを走る8系統よりも所要時間が5分ほど短くなります
    ※ ぶらり三溪園BUSは土・日曜日・祝日限定の運行です。8系統、148系統とルートが異なります。
    ※ 詳細は横浜市交通局ホームページをご覧ください。

土休日の横浜駅周辺、元町・中華街駅周辺は特に混んでいそうなので、けっこう時間がかかりそうです。

おすすめは根岸駅ですね!

Sponsored Link

まとめ

■三渓園の桜2018!開花情報や見頃はいつ?
→2018年の開花は3月17日、満開予想は24日、25日と、例年よりかなり早く咲くようです。

■三渓園の桜2018!ライトアップはいつからいつまで?
→2018年3月31日(土)~4月8日(日)

■三渓園の桜2018!駐車場は?
→本牧市民公園駐車場がおすすめです♪

広々としているので、ポカポカ陽気だと、一日中楽しめそうですね!夜は冷え込みそうなので、↓のお花見コーデも参考に読んでみてくださいね!

お花見関連記事です

園内にある三渓園茶寮では、名物の桜の葉を使った「さくらアイス」が販売されていて、毎年大人気だそうなので、こちらも要チェックです!

Sponsored Link 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*